FC2ブログ

2017-10

春のスクエニ祭り DQ2その2

まだまだ続くよスクエニ祭り
飽きるまでは頑張ります
そんなわけで今回はドラクエ2の続きです
ネタバレとかそんな無いですけど
気になる人とかは引き換えして下さいませ

ムーン「店主さん、バターお一つ頂けますか?」

店主「はいよー!って王女様じゃないですか!?
   こんな下々の店にお顔を出して下さるだなんて感激です!」

ムーン「ふふっ、感激だなんて大げさですよ
    今日はあるお方にとっておきのご馳走しようと思ってるのです
    美味しいバター下さるかしら?」

店主「はい!ではベラヌールの町より取り寄せた
   とっておきの高級バターをお出しします!」

ムーン「でも今、手持ちが少ないのですが平気でしょうか?」

店主「いえいえ!お金なんて滅相もないです!」

ムーン「ふふっ、ありがとう店主さん♪」(にこっ

店主「!!いえいえ!こちらこそ!またいらして下さい!」(王女様可愛いぃ!)

ムーン  (ハハッバカな男だぜwオレの媚びた演技に鼻の下伸ばしてやがる!
      それもこれもこの王女様の美貌あってこそだな!)




村人A「お、おい、あれ王女様じゃねぇか?」
村人B「ほ、本当だ!あの美しいご尊顔に
    隠し切れない気高いオーラは我らが愛しの王女様だ!」
村人C「はぁ・・・いつ見ても美しいわぁ・・・王女様・・・」(ぽっ
村人D「おぉぉ。王女様ぁぁぁ。いつ見てもお美しいぃぃ」

ムーン  (ヘヘヘ、羨望と尊敬の眼差しで見られるって気分良いなぁ~
       さてさて、また犬になった本当の王女様はどうしてるかねぇ?)




犬「くぅ~ん・・・」(ふぇ~ん・・・私の身体・・・どっか行っちゃったよぉ・・・)

ムーン「お、居た居た。待たせて悪かったな王女様!」

犬「うー・・・わんわんわん!」(帰ってきた!返して下さい!私の身体を!)

ムーン「おっ、何か怒ってるねぇ王女様?この身体返せって言ってるんかな?」

犬「わん!わんわん!」(そうです!身体を入れ替えるなんて酷すぎです!)

ムーン「まぁまぁ、そう怒るなってば・・・今から王女様にご馳走してやるからよ」

犬「わん?わん?」(ふぇ?ご馳走?)

ムーン「そうそう、ご馳走ご馳走」(ふわぁさ

犬「わん?わん!?」(え?やだ!?何スカートめくってるんですか!?
               エッチ!変態!お願い、やめて下さい!)

ムーン「おぉ、王女様、水玉パンツかい~、可愛いねぇ~」

犬「わんわん・・・」(や、やだっ見ないで・・・)

ムーン「さてさて、それでパンツも脱いで~っと」(ぬぎぬぎ

犬「!?わん!わん!」(!?何してるんですか!やだっ、そんな!)

ムーン「おぉぉ、王女様の割れ目ちゃん~・・・へぇ~・・・
    女の子のココってこうなってるんだぁ~初めてみたぜぇ」(しげしげ

犬「わん!!」(み、見ちゃダメ!!)

ムーン「ほほー・・・ぷにぷにぃ~」(さわさわ

犬「わわん!」(触らないでぇぇ!!酷い、酷いよぉ)

ムーン「でへ・・・でへへへへ」

犬「わんわん!わん!」(私の顔でそんな涎垂らした顔しないで!もうやめて下さい!)

ムーン「喚いてるなぁ王女様・・・王女様の目で王女様のマ〇コを見て
     王女様の手が王女様のマン〇を触ってるだけだから
     そう怒らなくても良いじゃないかぁ」

犬「わん?わん・・・わん!わん!」(え?そう言われれば・・・って!中身違うじゃない!)

ムーン「あぁ、そうそう、王女様にご馳走するとこだったな
     さて・・・バターをここに・・・」(ぬりぬり

犬「!?わんわん!」(!?ど、どこにバターを塗ってるんですか!)

ムーン「・・・ここを王女様がナメナメしてくれると思うと興奮してくるなぁ・・・
     今からオマタが熱くなってきたぜ・・・」(ぬりぬり

犬「!?わん、わん!?」(!?ご馳走って、まさか私がここを舐めるの!?」

ムーン「さてさて、塗れた塗れた・・・っと
     さぁて、お舐めくださ~い王女様ぁ」(かぱぁ

犬「わんわんわん!」(舐めません!舐めませんから!
              私の身体で大股開きな変なポーズやめて下さい!
              まるで私が馬鹿みたいじゃないですか!?)

ムーン「な・め・て♪な・め・て♪ムーンのおま〇こ、な・め・て♪」(ぱかぱか

犬「わん!わん!」(オマタぱかぱかしないでぇ!私こんな子じゃないよぉ!)

ムーン「もしこのバターを舐めて綺麗にしてくれれば
     王女様を元の身体に戻してやっても良いんだぜ?」

犬「わん?!わんわん!」(ほ、本当ですか!
             でも一生に一度しか使えない秘術だって言ってた様な・・・)

ムーン「一生に一度とか言ったが、あれ、設定ミスで無かったコトにたのんます」

犬「わんわん・・・」(あ、はい、分かりました・・・)

ムーン「人間に戻りたいだろぉ?女の子に戻りたいだろぉ?どうするかい?王女様ぁ」

犬「・・・・・・・・・わん!」(・・・・・・・・・分かりました舐めます!」

ムーン「お、やる気になったようだねぇ?さぁ、舐め舐めしてくれや!」

犬「わん・・・わん!」(うぅぅ・・・嫌だけど・・・戻るためにも頑張らないと!)(ぺろ

ムーン「おっほ!良いねぇ良いねぇ今電撃が走ったよ!」

犬「・・・・・・」(ぺろぺろ

ムーン「うひょひょ!うめぇじゃねぇか王女様!!」

ムーンブルクの王女2





犬「・・・はっ・・・はっ・・・」(おいしい!おいしい!私の匂い!私の味!」

ムーン「ひゃっ!やぁん!ひゃぅぅぅぅ!」

犬「・・・はっ・・・はっ・・・」(私が・・・あえいでる・・・もっと私をよがらせたい!
               もっと私に良い声をさせたい!私を愉しませたい!
               可愛いよぉぉ私、私ぃ・・・私・・・)

ムーン「ひゃぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!」

犬「わおぉぉぉぉぉん!!」(この複雑な思い・・・あぁ・・・愛しい私・・・私だった私・・・
                もう私じゃない私・・・でも・・・でも・・・それでも
                私は私が大好きなのぉぉぉぉぉ!!)





ムーン「はぁ・・・はぁ・・・ヘヘッ・・・最高だったぜ・・・王女様・・・」

犬「くぅーん・・・くぅーん」(あぁ・・・私が・・・悦んでる・・・嬉しい・・・)

ムーン「まぁ約束は約束だし、仕方ねぇ、王女様、元に戻してやるよ」

犬「くぅーん・・・」(人間に・・・戻れる・・・・・・でもそうすると・・・)

ムーン「さぁて・・・それじゃあ勿体無いけど戻ってやるか」

犬「わん!」

ムーン「おっ、急にどうした王女様・・・!バター口に塗りたくって!」

犬「わんわんわん!」

ムーン「どうしたんだよ、急に飛び掛ってきて・・・王女様・・・あんた・・・まさか」

犬「ヘッヘッ・・・・・・ヘッヘッ」(・・・戻る前に・・・もう一度・・・しよ?)

ムーン「そういう事か!王女様良いねぇ!!面白い女だぜ!!
     あぁ第二ラウンドしようぜ!王女様ァ!
     その次は攻守逆転で俺が犬に戻ってあんたのココを舐めてやるよ!」

犬「わんわんわんわんわんわん!!!!」





■あとがき
力技で無理矢理ハッピーエンドっぽくしました
バター犬を描けて俺は満足しました
何がクニだよ ク〇ニしろオラァァァ
って漫画の名言から発想が浮かんだのはクラスの皆には内緒だよ
スポンサーサイト
[PR]

コメント

バター犬!バター犬!
感動した!感動した!

神だ!神が降臨したんだ!
さんどさんが悪霊の神々だったんだ!(TS的な意味で)

>はかぶさのけんさん
誰が悪霊ですってぇ!?
善ですよ、善属性ですよ俺(・3・)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gokaamou3nen.blog.fc2.com/tb.php/94-29f8f8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

3℃

Author:3℃
当ブログは18才未満の方には相応しくない内容、TS要素を含む創作物が含まれています。間違って来られた方はお引取願います。
画像の無断転載はご遠慮下さい。
なお、当ブログはリンクフリーとなっております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (30)
オリジナル(入れ替わり) (11)
オリジナル(憑依) (28)
オリジナル(その他) (1)
二次創作(入れ替わり) (11)
二次創作(憑依) (37)
オークエルフ入れ替わり(オリ) (3)
ファンアート (8)
スクエニ (27)
FE (17)
艦これ (19)
魔法少女まどかマギカ (17)
型月 (7)
東方 (6)
僕は友達が少ない (4)
バクマン (4)
Key系 (5)
涼宮ハルヒの憂鬱 (3)
キルコ (2)
エヴァ (4)
けいおん (3)
咲 -saki- (4)
ひぐらし (4)
IS (4)
シュタゲ (2)
とらドラ (2)
化物語 (2)
禁書目録 (1)
アイマス・モバマス (4)
ダイ大 (2)
閃乱カグラ (1)
その他 (2)
整理絵 (5)
谷口さん先生応援 (5)
レビュー (2)
絵じゃないの諸々 (5)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR