FC2ブログ

2017-06

悪いヤツが僕の彼女に憑依したよ!

ダーク分が足らないのでダーク描きました(^p^)ゲヘヘ

ダークなのでダーク苦手な人は注意して下さい!

僕「ヒトミちゃん・・・!助けに来たよ!」

ヒトミ「・・・・・・・ケンちゃん・・・」

僕「あのストーカー男が来る前に今すぐここから逃げよう!
  ヒトミちゃん立てる?」

ヒトミ「・・・うん、大丈夫・・・でも、よくここが分かったねケンちゃん」

僕「ヒトミちゃんの携帯のGPS機能が生きてたからね!
  それよりも、すぐにここから逃げないと・・・!あの男が戻ってきたら大変だよ!」

ヒトミ「・・・うん、そうね・・・ねぇ、ケンちゃん、ちょっとだけ後ろ振り向いててくれる?」

僕「・・・え・・・うん、わかったよ」

ヒトミ「ありがとう、そして、さようならケンちゃん」

僕「・・・・・・・え?」

グサッ

彼女!

僕「ガッ・・・ハッ…え・・・・・…ヒ、トミ・・・・・・・ちゃん?」

ヒトミ(ニッコリ)

グサッ!グサッ!グサッ!

僕「あ・・・・・・・・・」

僕「・・・・・・・・・・」

僕「」

ヒトミ「・・・・あーあ、ケンちゃん死んじゃった・・・
  ボクがヒトミちゃんになった途端やってくるだなんて、本当に無粋な男だなぁ」

ヒトミ「ずっと、目障りだったんだよねぇ・・・ボクの愛しいヒトミちゃんと
  一緒にいて恋人ぶってた、君の事がさぁ・・・
  だいたい、何だよストーカーって・・・本当に失礼な男だ・・・」

ヒトミ「でも、大丈夫だよ、ケンちゃん・・・ケンちゃんの身体はこの凶器ごと
  魔法の薬でこの世から綺麗に消滅させてあげるから
  ケンちゃんの大事なヒトミちゃんに足が付くことはないよ」

ヒトミ「君も本望だろう・・・ケンちゃん?
  君の大好きな子の手で死ねたんだから」

ヒトミ「フフフ・・・これで邪魔者は居なくなったよ、ヒトミちゃん」

ヒトミ「あぁ・・・ヒトミちゃん・・・ようやく落ち着いて君と一緒になれた嬉しさを堪能できるよ・・・
  嬉しいなぁ・・・ヒトミちゃん・・・君になれて・・・
  キミはこんな瞳で、世界を見ていたんだね・・・
  キミの目で見る世界は輝いて見えるよ・・・!」

ヒトミ「この腕も、この髪も・・・この全てがボクのものさ・・・
  もう二度と離れないからね・・・ボクの愛しのヒトミちゃん・・・」
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

これはひでえwケンちゃん・・・
大好物です

乗っ取られた恋人に殺されるとか、最高の死に方ですね!(爆)
寝取られどころの騒ぎじゃないです!
あっでも、こうやって突然の凶行に理解が追いつかず呆然としたまま死んでいくのも良いですが、「●●ちゃんはもうボクのものなんだよ」みたいに真実を教えられて怒りと絶望の中で死んでいくのも捨て難いです!

>ハヤテさん
ありがとうございます><
俺もこういうの好きです^p^

>nekomeさん
そっちも良いですね!
絶望感で言ったらソッチの方が良い感じです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gokaamou3nen.blog.fc2.com/tb.php/219-cd0c9eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

3℃

Author:3℃
当ブログは18才未満の方には相応しくない内容、TS要素を含む創作物が含まれています。間違って来られた方はお引取願います。
画像の無断転載はご遠慮下さい。
なお、当ブログはリンクフリーとなっております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
オリジナル(入れ替わり) (11)
オリジナル(憑依) (28)
オリジナル(その他) (1)
二次創作(入れ替わり) (11)
二次創作(憑依) (37)
オークエルフ入れ替わり(オリ) (3)
ファンアート (8)
スクエニ (27)
FE (17)
艦これ (19)
魔法少女まどかマギカ (17)
型月 (7)
東方 (6)
僕は友達が少ない (4)
バクマン (4)
Key系 (5)
涼宮ハルヒの憂鬱 (3)
キルコ (2)
エヴァ (4)
けいおん (3)
咲 -saki- (3)
ひぐらし (4)
IS (4)
シュタゲ (2)
とらドラ (2)
化物語 (2)
禁書目録 (1)
アイマス・モバマス (4)
ダイ大 (2)
閃乱カグラ (1)
その他 (2)
整理絵 (5)
谷口さん先生応援 (5)
レビュー (2)
絵じゃないの諸々 (5)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR